カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

年間走行距離で自動車保険の保険料は変わる。保険料を抑えるには?

年間走行距離は自動車保険の保険料に影響します。

保険料が高くなるのは、年間走行距離が長い場合でしょうか?短い場合でしょうか?

ここでは、年間走行距離と保険料の関係をご紹介します。

年間走行距離が長いほど保険料は高くなる

使用目的を「業務用」としたほうが「日常・レジャー用」よりも保険料が高くなるように、運転の頻度が高いほど自動車保険の保険料が高くなります。

これは、運転頻度が高い=事故のリスクが高いという考え方からです。

年間走行距離も同じ考え方となるので、年間走行距離が長いほうが保険料は高くなります。

「走行距離が長いほうが運転経験を積んでいて経験値が高いんだし、保険料が安くなるんじゃ……」

自動車保険では走行距離と運転経験が比例するという考え方ではなく、車を運転する距離や時間が長いほど事故率が高くなるという考え方です。

ですから、年間走行距離が長いほうが保険料は高くなり、短いほうが安くなります。

保険料が変わる年間走行距離の区分は保険会社によって異なる

年間走行距離によって保険料が変わりますが、その方法は保険会社によって違います。年間走行距離割引という割引制度にしているところもあれば、割引制度ではなく保険料の計算にデフォルトで組み込まれているところもあります。

また、保険料が変わってくる年間走行距離の区分や、下限・上限の距離も各社で異なります。以下に、例としてソニー損保、アクサダイレクト、SBI損保の年間走行距離の区分を挙げました。

ソニー損保

  • 3,000km以下
  • 5,000km以下
  • 7,000km以下
  • 9,000km以下
  • 11,000km以下
  • 16,000km以下
  • 無制限(16,001km以上)

アクサダイレクト

  • 5,000km未満
  • 5,000km以上10,000km未満
  • 10,000km以上

SBI損保

  • 5,000km未満
  • 5,000km以上10,000km未満
  • 10,000km以上

ソニー損保のように全部で7つにわかれているところもあれば、アクサダイレクトのように区分は3つだけというところもあるように、年間走行距離の分かれ方には各社で差があります。

ほとんど運転しない人は3,000km以下の区分がある保険会社を選ぶ

ソニー損保のケースでは、年間走行距離が10,000km以下の場合は、制限なしの場合に比べて20%ほど保険料が下がる可能性があります。

また、5,000km以下や3,000km以下と走行距離の区分が短い距離のものになると、数十%の割引になるケースもあり、年間走行距離による保険料の割引率は思いのほか大きいです。

5,000km以下と3,000km以下でも差があるので、ほとんど運転をしない人は3,000km以下の区分がある保険会社を選んだほうが良いかもしれません。

3,000km以下の区分がある保険会社は、ソニー損保以外に三井ダイレクト損保やイーデザイン損保などがあります。

保険料を算出する年間走行距離の定義が保険会社によって異なるので注意

保険料の割引が受けられる年間走行距離の区分ですが、ベースとなる走行距離が保険各社で異なるので注意しましょう。

例えば、ソニー損保は保険料は「走る分だけ」と言っているように、予想年間走行距離に応じて保険料が算出されます。

一方、保険料は走った分だけとWebサイトでうたっているイーデザイン損保やSBI損保、おとなの自動車保険過去1年間の走行距離から保険料が算出されます。

「業務用で頻繁に車を使用していたけど、土日の休みにしか使わなくなった」

こういう人が過去1年間の実際の走行距離から保険料が算出される保険会社で自動車保険に加入すると、加入する期間の実態よりも割高な保険料になってしまいます。

年間走行距離の目安

日常の車の利用頻度がどのぐらいであれば、年間走行距離はどのぐらいになるのでしょうか。

年間走行距離「3,000km」「5,000km」「10,000km」をピックアップして考えてみます。

1週間あたりの距離にすると

  • 3,000km → 約57.7km
  • 5,000km → 約96.2km
  • 10,000km → 約192.3km

1日あたりの距離に換算すると

  • 3,000km → 約8.2km
  • 5,000km → 約13.7km
  • 10,000km → 約27.4km

このようになります。

たまに近所での買い物に使うぐらいで、遠出は電車を使う人なんかは3,000kmいかない可能性があります。

また、日常的に最寄り駅への送り迎えに使っている人でも、他にはたまに遠出で車を使うぐらいであれば5,000km以下におさまるかもしれません。

まとめ

年間走行距離による保険料の割引率は思いのほか高いものです。

だからといって、予想年間走行距離に応じて保険料を算出する保険会社で、過少申告して保険料を安く抑えたとしても、実際の走行距離が申告していたものを超過すれば、差額の保険料を追加で支払わなければいけません。

きちんと複数の保険会社で見積もりをとって比較するためにも、一度どのぐらい使っているのかを計算してみると良いでしょう

生活のサイクルを考えて1週間や1ヶ月の実際の走行距離を調べると、ある程度正確な走行距離を計算できるのではないでしょうか。