カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

自動車の使用目的で自動車保険の保険料は変わる。使用目的を決める基準など

自動車保険は自動車の使用目的によって保険料が変わってきます。

これは考えてみれば当然のことで、休みの日に買い物や旅行に使う人と日常的に仕事で車を使っている人では、事故を起こすリスクが違います。そのため、保険契約する車両の使用目的や使用頻度によって保険料が変わるのです。

ここでは、自動車の使用目的の区分や決める基準をご紹介します。

使用目的には3つの区分がある

自動車の使用目的には、その使用用途や頻度によって「日常・レジャー用」「通勤・通学用」「業務用」の3つがあります。

日常・レジャー用

文字どおり、日常のショッピングであったり、年数回の旅行で使ったりする場合が「日常・レジャー用」になります。

定義としては、年間を通して週平均5日未満、月平均15回未満の車の利用です。他の区分である通勤・通学や業務で使用していても月15回以上使わなければ、このカテゴリーに含まれます

年間を通しての月平均使用頻度なので、例えば雨の日だけ送り迎えしているといった程度では「日常・レジャー用」で問題ありません。

通勤・通学用

通勤や通学を目的として、年間を通して週平均5日以上または月に平均15日以上使う場合は「通勤・通学用」になります。

通勤・通学といっても学校までの送り迎えだけが対象ではありません。電車を使っている場合でも、最寄り駅までの送迎に使う場合も使用目的は「通勤・通学用」です。また、契約者(記名被保険者)だけでなく、家族の送迎も含まれます。

ちなみに、使用目的での通学とは、学校教育法で定められている幼稚園や小中学校、高校、大学、他には都道府県知事の認可を得ている予備校などへの送り迎えが該当します。

業務用

年間を通して週平均5日以上または月平均15日以上、業務に使う場合は「業務用」です。

業務は、単純に仕事目的で車を使う場合。例えば、外回りの営業なんかが対象になります。仕事は報酬が発生する行為なのでボランティアは一般的に対象外になります。

「通勤・通学用」との区別が難しいのが現場仕事をしている場合でしょうか。例えば、現場仕事をしている人が自宅から現場まで車を使って移動する場合は「通勤・通学用」になりますが、自営業で自宅兼事務所の人が同じように現場まで車で移動する場合は「業務用」になる可能性が高いです。

保険料は業務用が高く、日常・レジャー用が一番安くなる

使用目的による保険料の違いは、高い方から順番に「業務用」「通勤・通学用」「日常・レジャー用」となります。

日常的に使う、使用頻度の高い「業務用」のほうが事故のリスクが高くなるため、保険料が高くなります。法人契約の保険料が高いのもこの理由が考えられます。

使用目的が「業務用」である場合が一番保険料が高くなるのは、使用頻度だけが理由ではありません。「業務用」が一番補償範囲が広くなるからというのも理由の一つです。

業務用は他の使用目的もカバーできる

使用目的は3つの区分に分けられているものの、他の用途で使った事故の場合に補償されないわけではありません。

補償範囲は、「業務用」に「通学・通勤用」「日常・レジャー用」が含まれ、「通学・通勤用」に「日常・レジャー用」が含まれます。図にすると以下のようなイメージです。

例えば、普段は仕事で車を使っているから「業務用」で自動車保険に加入している人が、休みの日に買い物に行く途中に事故を起こしてしまった場合は補償されることになり、保険金を受け取ることができます。

年間を通して週5日以上、月15日以上がポイントに

上の図からわかるように、「日常・レジャー用」で契約していて、通勤・通学用、業務用として使っている車で起こした事故は補償されません。

ただし、自動車保険での「通勤・通学用」「業務用」はあくまでも年間を通して週5日以上、月15日以上使っている場合です。

雨や雪などの場合だけ通学の送り迎えに使っているとか、仕事で使っているけど使用頻度は週に1回あるかないかとか、このような場合は「日常・レジャー用」になります。

言葉どおり受け取って、「通勤・通学用」「業務用」を選んでいる人は一度使用状況を確認してみると良いでしょう。

また、子どもの通学の送り迎えに使っていたけど卒業して使わなくなったり、引っ越しや転勤で通勤に使わなくなったりと状況が変わった場合も使用目的を変更することで保険料が安くなります。

自動車の使用頻度は事故発生リスクに大きく関わってくるので、使用目的を変更することで大きく保険料が下がる可能性があるので、少なくとも更新のタイミングで見直すことをおすすめします。

保険契約期間中に使用目的を変更する

使用目的は、自動車保険の更新のタイミングではなく変更が生じたタイミングで変更することができます。

というより、変更しなければいけません。「業務用」として使わなくなっても、そのままで通勤・通学や週末の買い物や旅行での事故も補償されますが、逆のケースだと補償されなくなる可能性があるからです。

保険会社によって変更方法に違いはありますが、通販型自動車保険で使用目的を変更する場合はインターネット上でおこなえるところが多いです。

使用目的は自己申告ですから変更に必要な書類は特にありません。

ただ、使用目的の変更によって保険料が変わります。追加の金額を支払うこともありますし、逆に支払っていた保険料との差額を受け取ることもあります。そのため、契約者名義の金融機関の口座番号やクレジットカードになります。

嘘の使用目的はばれると思ったほうが良い

保険料が安くなるからといって、仕事で使っているのに「日常・レジャー用」と虚偽の申告してはいけません。

使用目的は告知義務の項目に含まれています。保険料が変わってくるからです。

事実と異なる使用目的で申告して自動車保険を契約している場合、告知義務違反ということで事故を起こして保険を使おうと思っても保険料を受け取れません。

確かに厳密にはわからないため、ばれない可能性もあります。しかし、例えば月の半分も運転していないはずなのに走行距離が長すぎるなど、どこかに不自然なところが出てくるはず。

自動車保険に加入する目的は、万が一事故に遭遇して損害を被った場合に補償を受けるためです。嘘をついたために補償を受けられない……となっては本末転倒ですから、必ず正直に申告して契約するようにしましょう。