カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

保険証券を紛失してしまった場合の再発行手続きの方法

ペーパーレス化で発行しないケースもありますが、一般的に保険を契約すると保険証券が発行されます。これは自動車保険にかぎりません。

保険証券は車検証とあわせて車のダッシュボードに保管している人が多いでしょう。日常的に使うことはないので、わかりやすいところに置いておこうということだと思います。

でも、普段使うことがないので、いざ必要になったらどこにあるのかわからない……、ということがあるかもしれません。

もし、この保険証券を紛失してしまった場合、どういった不都合が生じるのでしょうか。ここでは、保険証券が必要になるケースと再発行するにはどのように手続きすればいいかをご紹介します。

保険証券が必要になるケース

実際に保険証券が必要になるのはどのようなケースなのでしょうか。

そもそも保険証券は保険契約の成立や補償内容を証明するものです。契約者や保険契約期間、契約内容、ノンフリート等級などが記載されています。

パソコンの画面から自分でダウンロードしたり、印刷したりして保険証券の郵送を省略することで保険料の割引を受けられる保険会社もありますが、保険証券は色々と必要になります。

  • 事故を起こして保険を請求する場合
  • 保険契約の更新をする場合
  • 他社の自動車保険に乗り換える場合

事故を起こした時はもちろんですが、保険更新、乗り換えの時も重要になってきます。現在の契約状況を確認して、更新や乗り換えを検討するからです。

ちなみに、契約内容を変更しても、新たに保険証券は発行されません。新しく保険証券が発行されるのは契約更新、つまり新しい保険期間で契約を結びなおした時だけになります。

保険証券の再発行手続きは

保険証券を紛失してしまった。再発行の手続きはどのようにすればいいのでしょうか。

保険会社によって方法は異なりますが、基本的に必要になるのは所定の書類、本人確認書類、そして印鑑証明です。

また、保険証券番号がわかるかどうかで手間が変わってくることがあります。

必要なものはありますが、再発行には費用はかかりません。また、期間も1週間~10日程度と簡単に再発行してもらえます。

再発行までにそれほど時間がかからないと思うかもしれません。しかし、満期日が近づいて更新のタイミングになった時に紛失して再発行することを考慮すると、時間がかかると考えておいたほうが良さそうです。

保険証券番号は手元に控えておく

車のダッシュボードに車検証と一緒に保管している人が多いので、それほど保険証券を紛失するということはないかと思います。

でも、もし紛失してしまったら再発行してもらわなければ色々と不都合が生じます。再発行の手続きを少しでもスムーズにするために、保険証券番号だけは手元に控えておいたほうが良いでしょう。