カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

飲酒運転で事故を起こしても保険金は支払われる?

飲酒運転は、懲役刑もしくは罰金刑と非常に厳しい罰則があります。

飲酒運転で起こした事故が自動車保険の補償対象になるかどうかは関係なく、お酒を飲んでからは絶対に運転してはいけません。

もし万が一、飲酒運転による事故の加害者、被害者になってしまった場合に、自動車保険で保険金が支払われるのでしょうか。

飲酒運転で起こした事故は任意保険の免責事由に該当する

自動車保険は免責事由に該当する場合に保険金は支払われません。免責事由とは保険会社の責任にならないケースということなので、保険の適用外ということになるのです。

任意保険には対人・対物賠償、車両保険など様々な保険がありますが、保険全般に共通する免責事由には以下のものがあります。

保険全般に共通する免責事由

  • 事故の発生原因による免責
  • 保険契約上の告知義務違反を理由とする免責
  • 保険料領収前を理由とする免責
  • 保険契約の合意による免責

事故の発生原因による免責には故意免責と異常免責があります。

故意免責は被保険者の故意に起こした事故よって生じた損害について免責とするもの。異常免責は紛争や一部の自然災害(地震・噴火・それらによる津波)などによって生じた損害について免責とするものです。

飲酒運転で起こした事故は、この故意免責に該当します。

保険金が支払われる保険と支払われない保険がある

基本的に飲酒運転は自動車保険の免責事由に該当するので保険適用外です。しかし、保険によっては補償されるものもあります。

保険金が支払われる保険と支払われない保険の区別は、保険本来の目的である被害者の救済になる保険かどうかです。

対人賠償保険と対物賠償保険は保険金が支払われる

対人賠償保険は事故の相手に対して支払われる保険。相手にけがを負わせてしまったり、死亡させてしまったりして、治療費や慰謝料など賠償責任を負った場合に補償されます。

また、対物賠償保険は事故の相手方の車や物に対する損害を補償する保険です。相手の車や家屋、所有物を壊してしまい、その修理費用などの賠償責任を負った場合に相手に保険金が支払われます。

どちらも事故で賠償責任を負った場合に相手の損害に対して補償する保険なので、飲酒運転であっても保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険は内容による

搭乗者傷害保険は契約車両に搭乗していて事故によって死傷した場合に補償される保険です。

人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険と同様に事故によって契約車両の搭乗者死傷した場合に補償されます。また、記名被保険者と家族は他の車に乗っていて事故にあって死傷した場合も補償されます。

搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険は、飲酒運転による事故では運転者は補償されず、同乗者は補償され保険金が支払われます。

車両保険、自損事故保険は保険金が支払われない

車両保険や自損事故保険の場合は補償されず、保険金は支払われません。

車両保険は、自分の車の修理費用や買い替え費用などを補償してくれる保険です。自分の損害に対して補償されるので、飲酒運転による事故では補償されないのです。

一方で自損事故保険は、単独事故や相手に過失がないなど自賠責で補償されないケースで、運転者や同乗者、契約車両の所有者が負傷したり死亡した場合に補償される保険です。

一見、搭乗者傷害保険などと同様に同乗者に対しては保険金が支払われそうなものですが、自損事故保険は飲酒運転による事故では保険金が支払われません。

自賠責保険は飲酒運転でも補償される

任意保険には免責事由があり、飲酒運転による事故は補償されるもの、されないものがあります。一方で自賠責保険の場合は、飲酒運転でも補償されます。

自賠責保険は、任意保険の対人賠償と同じ保険です。自賠責ではいくら保険金が支払われるのでしょうか。

自賠責の場合は、損害の種類によって被害者一人あたりの保険金支払限度額が下記のように定められています。

損害の種類 支払限度額
(被害者一人につき)
傷害による損害 最高120万円
後遺障害による損害 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
・常時介護:最高4,000万円
・随時介護:最高3,000万円
後遺障害の程度により75万円~3,000万円
死亡による損害 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 最高120万円

もしけがを負った場合は、最大で120万円が自賠責で補償されて被害者に保険金が支払われます。

これは、1日につき原則5,700円の休業補償と1日につき4,200円の慰謝料、そして治療費を合わせた金額です。

傷害による損害では、自賠責の支払限度額が120万円。損害額が120万円を超えた場合は、任意保険に加入していると対人賠償保険から保険金が支払われることになります。

まとめ

このように飲酒運転で事故を起こしてしまった場合でも、事故の被害者救済を目的とする保険は補償され、保険金が支払われます。

しかし、自動車保険が適用されるからといって、お酒を飲んだら車を運転してはいけません。