カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

契約者と被保険者の違い。自動車保険で重要なのは?

保険では契約者と被保険者がいます。これは、自動車保険にかぎらず、生命保険や傷害保険、学資保険などもです。

同じ人が両方なれば特に混乱はしませんが、念のため契約者と被保険者の違いをおさえておきましょう。

契約者とは?被保険者とは?

契約者とは、保険を契約する(申し込む)人です。契約をするので、保険料を支払うのは契約者です。

被保険者とは、保険の保障や補償の対象となる人。どちらもその言葉どおりなので、容易に想像がつきます。

学資保険のように親が契約者で子どもが被保険者と、契約者と被保険者が異なる場合があります。自動車保険の場合は契約者と被保険者が同一人物のケースが多いですが、中には親が契約者で子どもが被保険者ということもあります。

自動車保険の場合は、被保険者が複数になるのが一般的なので、被保険者の中に記名被保険者がいます。

記名被保険者は被保険者の代表

記名被保険者とは、保険証券の賠償被保険者欄に記名する被保険者です。自動車保険の契約車両をメインで使っている人が記名被保険者になるのが一般的。

被保険者が一人の場合が多い、生命保険や入院保険と違い、自動車保険は特約を付帯して制限しないかぎり、複数人が補償対象になります。

補償対象になる人は、配偶者や同居の親族などとなっているので、その中心となる人を記名被保険者として区別しているのです。

また、記名被保険者は保険料を算出する基準にもなります。記名被保険者の運転歴や免許証の色、年齢などが保険料算出の要素となるので、誰を記名被保険者にするのかが重要になります。

自動車保険では記名被保険者を誰にするかが重要

自動車保険は、基本的に1年単位の短期契約になるので、保険料を最初に一括で支払う人が多いです。

契約者は契約内容に特に影響しないため、保険料さえ支払うなら誰がなろうと重要ではありません。あえて挙げるなら、契約者が変更になる場合はきちんと変更手続きをおこないましょうというぐらいです。

でも、記名被保険者は契約内容に大きく影響してきます。

先ほども書いたように、誰が記名被保険者になるかで配偶者や同居の親族が誰かが変わってきます。また、記名被保険者が同じ人であっても、その人の環境の変化によって、被保険者が変わるおそれがあります。

結婚して家を出るとか、転勤で単身赴任するとか。加入当初は同居の親族で補償対象だったのが、記名被保険者が別居することになったために、補償対象外になってしまう……。

このように、自動車保険では記名被保険者を誰にするかが重要です。保険料を抑えられるかという視点だけでなく、補償の対象となる被保険者のことも考えて記名被保険者を決めるようにしましょう。