カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

車両保険の免責金額とは?いくらに設定するのが良い?

車両保険には、保険を使った場合でも修理費用等を自己負担する免責金額を設定することができます。

車両保険はエコノミー型を選ぶことで保険料を抑えられますが、免責金額の設定によっても保険料を抑えることが可能です。

ここでは、車両保険の免責金額について、そしていくらに設定すればお得なのかをご紹介します。

車両保険の免責金額とは

損害保険の免責とは、保険料で補償する事故であっても一定範囲は保険会社が責任を負うのではなく被保険者が責任を負うことを言います。

免責金額とは、その免責の範囲を具体的にした金額のことです。

本来は保険会社が補償する事故であっても、免責金額の範囲内では被保険者が自己負担することになります。

なお、保険会社が責任を負わない部分だからといって、保険会社が免責金額を決めるわけではありません。

いくつか選択肢のある中から、契約者が免責金額を設定することが可能です。

免責金額を高く設定するほうが保険料は安くなる

免責金額を高く設定すると、そのぶん保険会社が支払う保険金額が少なくなります。つまり、保険会社の負担は減ります。

ですから、免責金額を高く設定すると、保険料を安く抑えることが可能になります。

免責金額は、1回目と2回目以降で分けて設定可能

実際に設定する際に、免責金額の区分は1回目と2回目以降で分けて設定することになります。

免責金額の区分 1回目 2回目以降
設定なし(免責ゼロ) 0円 0円
0-10万円 0円 10万円
5-10万円 5万円 10万円
10-10万円 10万円 10万円

免責金額を設定しない免責ゼロに加えて上記3パターンを用意している保険会社が多いです。中には、イーデザイン損保のように「5-5万円」という区分があるところもあります。


この3パターンに加えて、「5-10万円」に車対車免責ゼロ特約を付帯できる保険会社があります。例えば、ソニー損保やSBI損保、アクサダイレクトなどです。

車対車免責ゼロ特約

車対車免責ゼロ特約とは、1回目の車両事故が他の車との衝突・接触事故の場合に免責金額がゼロになるという特約です。

事故の相手がわかっている場合の事故にかぎるので、当て逃げ事故は含まれません。もちろん、相手のいない単独事故も含まれないので注意しましょう。

特約を付帯するぶん、保険料は高くなります。とはいえ、条件が限定されていますし、免責金額が5万円しか変わらないので、「5-10万円」と「5-10万円(車対車免責ゼロ特約)では、保険料はあまり差はありません。

しかし、後述するように他の車との事故の場合、免責金額を設定していても自己負担が生じないケースがあるので、この特約は付ける必要はないと思います。

いくらに設定するのがおすすめ?

このような車両保険の仕組みをふまえて、免責金額をいくらに設定するのが良いのでしょうか。

免責金額は、この設定が正しいというものはありません。自分の置かれた状況であったり、車両保険を使う場合の希望であったりで適切な設定は変わります。

例えば、車両保険を使ってもノンフリート等級はダウンするので、修理費用などが少額であれば使いたくない。この場合は、免責金額を高く設定して保険料を抑えたほうが良いでしょう。

一方で、保険料が高くなっても、突発的な出費は避けたいというのであれば、免責金額を低く、もしくは免責金額ゼロで設定する選択肢もありだと思います。

自分の状況に合ったものを選べば良いのですが、免責金額を高く設定しておいたほうが結果的に良かったということが多いかもしれません。

というのも、他の自動車との事故の場合は、免責金額を設定していても自己負担が発生しない可能性が十分考えられるからです。

相手からの賠償金額を免責部分に充当できる

自動車同士のような相手のいる事故の場合、過失割合が生じます。危険な運転をして過失割合100%になることもありますが、双方に過失がある場合が多いです。


お互いに過失がある場合、過失割合に応じて相手の車両の損害に対して賠償する必要があります。任意保険に加入している場合は、対物賠償が適用されて相手に保険金が支払われます。

例えば、過失割合が自分が3、相手が7の場合で、それぞれの車両の修理費用(損害)が100万円だったとします。

この場合、自分が相手に支払う金額は30万円、相手が自分に支払う金額は70万円です。そうすると、差額の40万円を受け取ることになります。

この40万円を免責部分に充当することができるので、もし免責金額を「10-10万円」に設定していても自己負担することなく、残りの修理費用60万円は車両保険で補償されるのです。

ですから、安全運転を心がけていて、単独事故を起こさない、車との事故でも自分のほうが高い過失割合になることはないと思うのであれば、「10-10万円」のように高い免責金額を設定しても良いでしょう。

車両保険は種類よりも免責金額で保険料を抑えたほうが良い

車両保険の種類を一般型ではなくエコノミー型を選ぶことで保険料を抑えることが可能です。しかし、エコノミー型の場合は補償される事故の種類に制限があるので、保険料が安くなるぶん補償されないケースが出てきます。

一方で、免責金額を高く設定して保険料を抑える場合は、万が一の場合に自己負担額が増えるものの、補償される事故の種類は変わりません。

年式の古い中古車に乗っている場合など、そもそも車両保険に加入する必要がないケースもありますが、車両保険に加入する場合は種類ではなく免責金額の設定によって保険料を抑えることを考えたほうが良いでしょう。