カテゴリー

アクセスランキング

新着記事

交通事故の損害賠償に含まれる損害の種類4つ

交通事故で被害者が加害者に請求する損害賠償。

一口に損害賠償と言っても、その中身は色々。事故によるけがの治療費や自動車の修理代のような単純なものだけではありません。

加害者が負う損害賠償の種類は、以下の4つに分けられます。

  • 積極損害
  • 消極損害
  • 慰謝料
  • 物損

それぞれ、もう少し詳しくご紹介します。

1. 積極損害

積極損害とは、事故によって被害者が支払わなければならなくなった損害のことです。

わかりやすいところでいうと、事故でけがを負った場合の治療費が積極損害に当たります。

他にも、治療のための通院にかかった交通費や医師の指示のもとで購入した治療器具の購入費用も積極損害として請求が可能です。

また、被害者が死亡した場合の葬儀にかかる費用も積極損害に含まれます。

2. 消極損害

消極損害とは、逸失利益や休業損害のことを言います。要するに、もし事故にあわなければ、将来的に得られたはずだったと推測される利益です。

逸失利益は、被害者が死亡したり後遺障害をおってしまったりして、失われた利益です。文字どおり、利益を逸してしまったという損害になります。

逸失利益は、死亡したことにより逸した利益額を証明することができないため、損害賠償額の算出が簡単ではありません。賃金を得る仕事ではない専業主婦などは特にその算出が困難です。

一方で、交通事故で負傷したことが原因で仕事を休まざるをえなかった場合に減少してしまった収入のことを休業損害と言います。

休業損害は、逸失利益とは違って金額の算出は容易にできます。仕事を休んだことによる給料や収入の減少だからです。ちなみに、有休消化で給与額が減らなかったとしても有休消化分は請求できますが、仕事を休んでも給料が変わらなければ請求はできません。

3. 慰謝料

慰謝料とは、被害者やその遺族が受けた精神的・肉体的な苦痛に対する賠償になります。

逸失利益と同様、慰謝料も正確な金額にするのは難しく、基本的には加害者や加害者が加入している保険会社との交渉で金額が提示されます。

しかし、相手側も正確な根拠があっての金額提示ではありませんから、納得できなければそのまま受け入れなくても良いです。

なお、慰謝料は人身事故の場合に認められます。被害者がけがを負ったり、死亡したり、後遺障害が残ったりした場合です。物損によって精神的な苦痛を受けたからといって慰謝料を請求することは不可能です。

4. 物損

物損とは、事故によって壊れたものに対する弁償です。

例えば、事故によって壊れた自動車の修理費であったり、修理が不可能で買い換えになった場合の買い換え費用であったりが物損になります。

他にも、建物や車の積荷なんかも事故で壊れた場合は物損に該当します。

また、修理に出している間や買い換えた車の納車までの間の代車費用なども物損に含まれます。

逸失利益と物損は高額な賠償額になる可能性も

以上、交通事故の損害賠償に含まれる損害の種類を4つご紹介しました。

積極損害や消極損害の休業補償、物損のように損失額を裏付けるデータを用意しやすいものもあれば、逸失利益や慰謝料のように損害賠償額の算出が困難なものもあります。

この中で、損害賠償額が高額になりやすいものとして、逸失利益と物損があります。逸失利益は算出期間が長期に渡る可能性があるからで、物損は単純に高額な商品や建物に損害を与える可能性があるからです。

これらを考えると、対人賠償だけ、しかも保険金の支払上限額がある自賠責だけでは、万が一の場合に十分な補償がされないと言えます。